RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
結婚式
どーも!
 
私高柳将太、
 
結婚しました!
200911082227000.jpg
新婦のあかねちゃん☆
 
 
可愛いでしょー???
 
 
はいはい。
分かってますよ。
 
ギャグってバレてるの分かってますよ!!
 
新郎の顔ね。
 
 
はいはい。
200911082224000.jpg
 
 
原田慎也です。
 
 
いや〜、幸せな結婚式でした。
 
 
 
はいはい。
分かってますよ!
 
でもね、
この写真撮ったの渡辺だから俺のせいじゃありません。
 
だから載せません。
 
 
 
原田慎也。
こいつは俺の大親友。
 
出会いは中学1年の頃。
刈谷81FCとゆうサッカーチームで知り合いました。
初めはムカツク奴だったんです。
 
なんでも俺の事を馬鹿にする奴で、
なんでも上から物を言ってくる奴だった。
 
俺はチームのキャプテンでした。
にもかかわらず、
俺が何かできなかったら、「そんなんもできんのか?」
と、からかってきて、
俺の真横でスルリとやってくる。
 
本当にムカツク奴だったんです。
 
でも、
 
今じゃタメで一番尊敬できる親友。
 
 
それは何故か…
 
 
 
こいつは、
俺よりチンコがでかいからです。
 
 
俺は成長が他の人より遅いタイプで、
中学1年の頃はチン毛なんて一本も生えていませんでした。
 
慎也の家に泊まりに行った時、
俺は恥ずかしくてツルツルのチンコを見せれなかった。
 
どーせ慎也は馬鹿にしてくる…
 
怖かったのだ。
 
しかし、男は裸になると本音で喋れる生き物。
 
俺は意を決して
慎也の家でパンツを脱いだ。
 
 
すると慎也の第一声。
 
「お前ツルツルじゃねーか!!ガッハッハ」
 
 
 
俺はひどく傷ついた。
 
 
中学の3年間で一番傷ついた。
 
 
でも俺はキャプテン。
 
弱い所は見せられないプライドで反抗した。
「じゃあお前のチンコ見せてみろよ!」
 
 
すると慎也は、
「いいぞ!」と言い、自信満々にパンツを脱いだ。
 
 
俺が慎也を尊敬するようになったのはこっからです。
 
中学1年生にしてチンコが、
 
お父さんクラスのチンコをしていたのである。
 
 
 
俺は何も言えなかった。
 
 
女性には分かるまい。
 
 
チンコで男のブランドの価値が決まる。
 
それが男。
 
 
なにがキャプテンだ!
 
 
サッカーがどれだけできようが結局はチンコ。
 
チンコ。
 
チンコ!!
 
 
俺はチンコ。
慎也はチンコじゃなくチンボだった。
 
それくらいの迫力あるチンボを慎也は持っていたのである。
 
 
それから俺は、プライドを全て捨て、
慎也とフラットに接する事ができたのである。
 
 
 
 
と、だいぶハショリましたが
こんな感じの話をスピーチで永遠と語らせて頂きました。
 
80人くらい居たのかな?
初めてです。
80人くらいの前で「チンコ」を何百回と連呼したのは…
 
 
喋りすぎて、
慎也の高校編の話まで喋れませんでした。
 
ただ、
色んな人の前で、マイクを手に取り、
一人で喋るあのオバマ的な空間はなんとも言えません。
 
正直言うと、
 
芝居やってる時より気持ちがいいかもしれません。
 
 
自分の話で、
 
皆が笑って、
皆が俺を見てて、
 
時にはスベり、
 
人が喜んでくれる。
 
 
 
最高です。
 
 
 
話は戻り、
僕は慎也と
二人で同じ高校に進み、
二人で教習所の合宿に行き、
二人で膝の手術をし、
 
楽しい事も辛い事も、
こいつと二人で乗り越えた事がいっぱいある。
 
そんな大親友です。
 
 
きっと慎也がいなかったら高校三年間、皆と一緒にサッカー部を引退出来なかったと思います。
 
 
三年間中、二年間も棒にふった、
 
「半月板損傷」
 
僕は高校三年間で二回も手術をしました。
 
本気でJリーガーを目指していた僕にとっては人生で最大の壁でした。
 
 
一発目の手術を終え、
右膝がギプスでグルグル巻きになっている中、
周りの選手はどんどん成長していき、
 
試合で勝って喜び、
試合で負けて泣き、
 
本気でサッカーをしている仲間が眩しくて仕方なかった。
 

そんな時、
俺は
松葉杖をひきながら、

皆の水を汲みに行ったり、

ビブスを洗濯したり、

マーカーを片付けたり、

声だけアホみたいに出したり、

ベンチで一人一人のアドバイスをノートに書いて渡したり、



目の前に何十個とサッカーボールが転がっているのに、

触れない。


触ったら、復帰が遅れる。

リハビリをしても、
リハビリをしても、

一向に良くならず、

病院を変えてまた膝をみてもらったら、

再手術。


何をしに、高校に来たのかも分からず、

今までやってきたものが全て破壊された気分だった。
いつしか、
俺はサッカー部の一員じゃないとまでも思った。


俺はグラウンドで一人泣き崩れた。


サッカーがしたい。

その感情が、

どれだけ頑張っても、
どれだけ前向きに生きても、

どれだけ笑っても、

「サッカーがしたい。」


それだけも叶わなかった。


誰にもぶつける事ができず、

グラウンドで一人で泣くしかなかった。

サッカーで初めて泣いた日だった。


そんな時、

慎也が筋トレをしに、グラウンドに現れた。

その時の慎也は俺と同じ「半月板損傷」の怪我をした唯一の理解者。

しかし、
俺の後に怪我をし、
俺より先に復帰をし、

丁度体が戻ってきた絶頂の時だった。

唯一の理解者ではあるが、
一番慰められたくない男。

勿論、慎也は俺を慰めてくれた。
「大丈夫だって!俺も治ったんだからお前も大丈夫!」


俺は言う。
「お前はいいよな!俺よりも後に怪我して、もう復帰できるんだもんな!楽しいサッカー頑張れよ!」

慎也に当たるしかなかった。

皮肉しか言えなかった。


羨ましかった。


でも、



慎也だから言えた。

慎也にしか言えなかった。

慎也にだけは、俺の気持ちを分かって欲しかった。



それでも慰めてくれる慎也。

更に皮肉しか言えない俺。
更にそれでも慰めてくる慎也。


「大丈夫」を何回も言ってくる慎也。

もう皮肉は言えなかった。


慎也は分かっていた。

皮肉しか言えない俺を。

そして、慰める事しかできない自分自身を。


慎也はずっと言ってくれた。
「お前は中学までサッカーが上手すぎた。いいハンデだろ。一生サッカーできない訳じゃねーだろ!サッカー出来るようになったらまた練習すればすぐ一番になれるわ!大丈夫だわ!」



俺のでかい皮肉を、
更にでかい慎也の温かい慰めで、

俺は皮肉が尽きた。


「将太は大丈夫だわ!俺が一番わかっとる!お前の凄さは俺が一番わかっとる。絶対大丈夫。」



本当に大丈夫な気がした。

なんか変な安心感があった。



二年間の真っ暗な世界に明るい光を見せてくれたのはまぎれもなくこいつだった。
こいつの「大丈夫」だった。


二時間、いや二年間、
ずっと慰めてくれた大親友が一番近くにいたから、

俺は前が向けた。

チンコはまだムケなかったが、

俺は前がムケた。



そしてその3ヶ月後、
見事復帰をし、

選手権に間に合い、

レギュラーで試合に出れる所まで行けた。


そしてその一年後、



ジュノンボーイ落選。





一番俺を信じ続けてくれた親友原田慎也。

俺以上に俺の復帰を心待ちにしてくれた親友原田慎也。

役者を目指すと最初に伝えた親友原田慎也。


未だに、
「お前は絶対売れる。」と言ってくれる親友原田慎也。


俺を信じてくれる親友。



サッカーができただけじゃない。

少なくとも、
今、俺が前を向いて役者を目指す事が出来るのは紛れもなく、



あーちゃんのおかげ。



いや、嘘じゃねーから。


あーちゃんこの前俺んち来て、俺が稽古に行ってる間に布団のシーツを洗ってくれたの。

んですすぎの時には必殺ダウニー(柔軟剤)を入れる為に洗濯機を開けたら、


水が真っ黒だったらしい。

そんな事を笑顔でしてくれるあーちゃんが、


俺は大好きだ。




慎也。


俺はあーちゃんが大好きだ。


お前なんかよりあーちゃんの方が大好きだ。

比べるもんじゃねーけど、圧倒的にあーちゃんの方が大好きでたまらない。



今前向きに生きれるのは誰のおかげかって!?


原田慎也って言うと思ったかデカチンが!!

お父さんみたいなチンコしやがって!
父チンが!!


今前向きに生きれるのは、


このブログを見てくれてる皆、そして!
俺を応援して下さってる皆様のおかげだバカタレー!!



いいか!?慎也。

この先の結婚生活を幸せにする方法を教えてやるよ。

それは、
俺のあーちゃんへの愛情くらいお前があかねちゃんに愛情を持ってやれば、
100%上手くいく。

だから、

俺を目指せ。

いや、

俺になれ。


いや、



歩道橋で缶コーヒー片手にタバコを吸いアクビをしろ。


そうすれば結婚生活は全て上手く行く。




大丈夫。


お前なら大丈夫だ。


なんでも迷わず突っ走ってきただろ?


責任感の塊みたいなお前なら、

絶対大丈夫だ。


俺はお前を信じてるから…

200911082224001.jpg
 
 
 
 
 
 
皆でずっと、
 
 
温かく見守ってやるよ。
200911082232000.jpg
 
 
あかねちゃん。でか父チン。
 
 
結婚おめでとう。
 
 
 
 
お前なら、
 
 
 
大丈夫だ。
author:高柳将太, category:-, 02:52
comments(6), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 02:52
-, -, pookmark
Comment
携帯だと最後の画像が容量オーバーで見れません。

編集が面倒くさいのでパソコンで見てやって下さい。
いつか編集しときます。


ちなみに写真は


尾関のメンバーの写真です。
高柳将太, 2009/11/13 3:01 AM
しんや結婚おめでとう。

将太お疲れ様。


将太活躍はもうすぐそこに来てるよ!


身体に気を付けてがんばって!
今藤, 2009/11/13 8:36 AM
しんや結婚おめでとう!
しんやなら大丈夫。
まっ俺はしんやが結婚した事知らなかったけど。
プッシュ, 2009/11/13 2:46 PM
お前完全にホストやんけ!
, 2009/11/13 3:20 PM
俺の方があーちゃん好きだわ!
りょーた, 2009/11/13 5:25 PM
僕は就活で行けませんでした
コジ, 2009/11/14 11:36 AM