RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
「夏の王様」の夏'後編
 
 
ここで一つおさらいをしましょう。
 
高柳将太、
 
泳げません。
 
 
海を信用してませーん。
 
海でプカプカ浮く為のジャケット、
 
全く信用してませーん。
 
 
地元のみんなで海に行った時も、
ボートで海の奥の方にみんなで遊びに行きますが、
 
俺はビビって行きませーん。
 
もし行ったとして、みんなにもし遊びでボートから落とされたりしたら、
 
 
相手がボブサップでも、
ブチ切れします。
 
 
ただ俺ももう23歳。
ビビってる姿なんか恥ずかしくて絶対見せれません。
 
が、海へ出てパシャリ。
200908281052000.jpgビビりまくりの俺。
 
 
 
 
 
そんな俺を無視し
ダンディズムが言う。
「将吉行くぞー!」
 
 
俺は震えた声で、
「ふぁーい。」 
 
 
インストラクターの方が言う。
「今日は絶対立つぞー!」
 
 
俺は震えた声で、
「ぐるんぐるん、行きます…」
 
 
 
そして、
 
 
戦いは始まった。
 
 
 
 
 
 
 
10分が経った。
 
 
俺?
 
 
立てましぇん。
 
 
 
15分が経ち。
 
 
俺?
 
 
 



 
立てまシェん。
 
 
 
何故だ。何故だ!
そんな筈はないっ!!
 
俺はスポーツに関してはだいたい一番でクリアしてきた男だぞ!
ずっとスポーツではエリートコースを歩んできた男だぞ!
 
俺に出来ない訳がない!
 
 
まさに俺は18号に負けたベジータと同じ状況になっていたのだ。
 
 
 
そんなベジータ状態な俺にダンディズムが言う。
 
「将吉ー!一輝は4回目で立ったぞー!」
 
 
※一輝とは?
D1040587.jpgこんな奴。
簡単に説明すると、
 
ただのデブ。
 
 
 
ダンディズムは今の俺に最適な言葉をかけてくれた。
 
俺は燃えた。
 
 
 
あんなデブに滑れて俺に滑れないわけがねー。
 
うんこ中、踏ん張りすぎてぎっくり腰になってトイレを壊したただのデブに滑れて俺に滑れないわけがねー。
 
オナニー中、最後の処理が面倒くさい為、フィニッシュ前に腰を引き、
皮を戻し、先っちょを詰まんでフィニッシュをし、
水風船のように液体を入れて先っちょを膨らまし、
そのまま寝てしまい気がついたら先っちょが弾けて股間が液体だらけになって
毛がカッピカピになっていたデブに滑れて俺に滑れない訳がねー。
 
 
 
高柳ロー太、リベンジ。
 
 
 
 
 
20分が経ち、
 
 
俺?
 
 
 
滑れまsheん。
 
 
 
一輝?
知らねーよそんなもん。
 
あいつはデブだから浮くんだろ?
別にあんなデブに負けてねーし。
俺平山病だし。
早漏だし、
仕方ないっしょ。
 
 
俺は完全に諦めかけていた。
島に入ってはいけない病のウソップ状態だった。
 
 
 
がしかしそんな俺にダンディズムが更に言う。
 
 
 



 
「将吉ー!りゅーたでも1日で滑れたぞー!」
 
 
 
※りゅーたとは
D1040610.jpgこんな奴。
 
簡単に説明すると、
 
 
ただのコナン。
 
 
ダンディズムは俺に最高の言葉をかけてくれた。
 
 
 
あんなヒョロヒョロで筋肉なくて、運動できなくて、頭がいいだけの奴に滑れて俺に滑れないわけがねー。
高校時代、自分の好きな人が漢字検定三級を取り、朝礼のステージで表彰されているのを見て、
「僕が漢字検定三級以上を取ってステージに上がればあの子はきっと僕の存在に気が付き振り向いてくれる。」と信じて、
意地と恋心のみで漢字検定一級までとったが、一級はレベルが高すぎて表彰されなくて結局ステージに立てなかったコナンに滑れて俺に滑れないわけがねー。
 
 
 
高校時代、年下のワルに駐輪場で「自転車貸せよ!」と喧嘩を売られて、
年上とゆうプライドから弱みを見せれないコナンは自信満々に上から目線で
「おーいいよ!!」
と言い、すんなり年下に自転車を貸したコナンに滑れて俺に滑れないわけがねー。
 
 
 
 
 
30分経ち、
 
 
俺?
 
 
滑れま市営ん。
 
 
 
でも俺には絶対的に滑れない理由があった。
 
俺は分かっていた。
このままやっても滑れるわけがない、
我慢したままやっても体に力が入ってできるわけがないとゆう事を。
 
でも言えなかった。
 
 
俺の為にインストラクターさんは船を何回も走らせてくれて、
ダンディズムは俺が立てるように力いっぱい声を出してくれて、
 
 
俺は言えなかった。
 
 
猛烈に
しょんべんがしたかった事を。
 
 
 
実はダンディズムの滑りにビビり膀胱がパンパンになり大ダメージを与えられたのだ。
 
そして自分の番になり何回も失敗して海水を飲みまくり、
 
俺はガタガタ震えるくらいションベンがしたかったのだ。
 
先にダンディーを滑らせていなければ…
 
俺の作戦は失敗だった。
 
 
 
ただそれは終わった話。
 
この状況を打破しなければいけない。
 
 
 
「ションベンが、したいです。」
 
 
と言ったって、
 
 
三井寿の
 
「バスケが、したいです。」
 
みたいに格好よくはならない。
 
 
ただの滑れない言い訳にしかならないのだ。
 
 
 
しかしダンディズムは優しかった。
 
「将吉!お前ガタガタ震えとるがや!唇真っ青だがや!」
 
 
気付いてくれたのです!
 
こうなったらこっちのもん。
 
「ションベンが、したいです。」
と三井寿の様に言った。
 
 
 
するとダンディーは、
「なんだー!はよ言えよ!そこですりゃーいいがや!」
 
「は!?ここ海ですよ?しかも僕履いてるのタローさんの海パンですよ?」
 
「気にすんな!海の男はみんなそうするぞ!俺なんかこの前うんこしたぞ!ガッハッハ!」
 
 
 
 
 
「海の男」
 
 
 
 
 
 
俺は必死にションベンを出した。
 
こんなに出るのかってゆうくらい出した。
 
人生で二番目くらいに出した。
 
※ちなみに一番出た時は
中二の時、バスの中でションベンを我慢しすぎて膀胱炎になった時の事。
その時付き合ってる子とデートの約束をしていたが、「膀胱炎になって行けなくなった。」
とメールをしたら、
 
 
 
次の日フられました。




 
まっそんな事は置いといて、
 
 
ションベンをした俺はやり切った感満点だった。気持ちよかった。
 
有頂天だった。
 
有頂天ホテルより有頂天だった。
 
18号と結婚したクリリンより有頂天だった。
 
 
それくらい気持ちがよく、このまま波に揺られながらプカプカ浮かんでいたかった。
 
 
いや、まだだ。
俺はまだ滑れてない。
 
デブとコナンに滑れて俺に滑れない訳がない!
 
 
俺はバレンタイン30個もらった男だぞ?
 
俺は格好いい!
 
 
中1まで母親と一緒にお風呂に入ってた男だぞ?
 
俺は水に強い!
 
 
中2の頃に膀胱炎で彼女にフられた男だぞ?
 
俺は不運を使い果たした!
 
初めてラブホテルに入ったのが中3だぞ!
 
俺は滑れる!!
 
 
俺はイケる!
俺は男だ!
 
 
 
は!イケてるメンズ!?
 
 
昨日ダンディーは俺がなかなか滑れない事を分かっていたのか!?
 
空振りばっか昨日のダンディーも
 
勘違いはここから生まれたのか!
 
だから俺を見下したのかー!!!!!
 
 
 
 
なってやるよ。
 
 
 
ダンディーの言うイケメンに!!
 
 
 
待ってろよ!海!!
 
 
探してたよ。
でっかいオーサマータイム!!!
 
 
そして面白い話、
 
 
200908281140001.jpgマジで滑れました。
 
 
ションベンしたらマジで滑れました。
 
 
俺がイケメンになった瞬間だった。
 
 
ここから先の日記は、
KinKi Kidsの「夏の王様」を聞きながらご覧下さい。
 
 
船の上からは「ヨー!」と喜んでくれているダンディーの声。
 
 
初めて太陽の下で夏をかじった
 
瞬間だった。
 
天気も良く、
空気も良く、
景色も良く、
 
喜ぶダンディーの声。
 
 
 

ダンディー、

笑ってよもっともっと!

俺は滑り続けるぜ!




一回立てた俺はそれからとゆうものスイスイと滑る事ができ、


俺のウェークボードは最高の形で終わった。






帰り道、車内でダンディーが言う。
「将吉、海の上ってのは自由なんだ。
人間ってのは年齢や立場で自分のいる環境が決まったり、
人との関係すら決まってしまう。
でも海は違う。
差別もなければ社会的な立場も一切ない。
誰が来ても楽しめて、
誰が来ても差別をしない。みんなが「有りのまま」でいれる場所なんだ。
だから海は自由なんだ。」

自由。



昨日のミスや、
明日のドジを、
明後日悩める。


そんな場所。


言う言葉は何一つありません。

タローさんのこの言葉が
このクソ長いめんどくさい日記を締めてくれました。


♪テレてちゃちょっと
ダメじゃんかベイベー
なんか心配するんじゃない?
いつもの強気でいけよ
ゲリローン
混雑した昨日の僕も
空振りばっか昨日の君も
探してたよ
でっかい
オーサマータイム!

Yo太陽の下で
夏をかじろう
笑ってよもっともっと
Yo昨日のミス明日のドジ
明後日悩め

大丈夫
地球はちゃんと回って
おーまいじゃーん

明日をくれるから

オッエーオッエー




俺、

最近有りのままで居られてるかな?


てゆーか、

有りのままの俺ってなんだろーな。


人に嘘ついてないかな。




でもいっか。


そんなちっちぇー事は



また海に行けば、

分かる話。




地球はちゃんと回ってる。

心配しなくていいでしょ!



海は、

明日をくれるから…




だからみんな海が好きなんだろーな。


タローさん、
そうゆう事ですよね。


タローさんが言う




「海の男」って。










家に付き、

あまりに疲れたのか


俺は便所で、



オッエーオッエー!




それもきっと
「海の男」なのである。





俺はこの日、

ちょっとだけ「夏の王様」になれた気がした。


そんな、

名古屋3日目の夏だった。

200908241617000.jpg
author:高柳将太, category:-, 18:17
comments(4), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:17
-, -, pookmark
Comment
一輝の行
ビール飲んでたら
若干気持ち悪くなっちゃった 笑

いつかウェイク教えてね!
あーちゃん, 2009/10/13 8:28 PM
海は自由。いいですね〜
, 2009/10/14 11:02 AM
更新おせーよ!
なかなか天才な日記だな(笑)
ゆっきーな, 2009/10/14 12:46 PM
ド変態
, 2009/10/16 3:52 AM