RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
今までありがとう…
12月8日振りの更新でございます。
日数にすると、
156日振りの更新でございます。


どーも高柳将太です。



第一声、なんて言えばいいのでしょう。


メリークリスマス!
でもあり。
明けましておめでとう!
でもあり。

卒業おめでとう!
入学おめでとう!





皆さん、
ゴールデンウィークは楽しめましたでしょ…

いかんいかん!!

完全に156日を無いことにしようとしてるぞ!



うーん。


ごめんなさい。


それしか見つかりませんね。

いや何と言ってもね、
このブログを周りに教えて下さった方達に失礼ですわ。

本当に申し訳ございませんでした。



さて、
この6か月弱ですが、自分の人生の中でも上位にくるくらいの変化がいっぱいありました。

目に見えるものではなくて、
心の中ですかね。


俺の心の中に何百発とミサイルが飛んできて、
俺の心の中でテロが起きて、
今、必死に街を修復している最中です。



この修復している期間とゆうのはやはり複雑で、
皆の前でこうしてブログを作ってちゃ駄目なんですよね。

何も伝えられないから。


だからね〜必死にやりましたよ。

修復する為に周りの小説読みっからかして、
自分の生い立ちの小説を一から書きはじめ、

暗い部屋で永遠と自分と向き合い、

って言ってもわかんないよね。


とにかくね、
自分と向き合ったんですよ。

自分のベースが知りたかったんですよ。



役者をやるために。


ま〜深くは書きません。



そんな6か月でした。




とゆー事で、

タイトルにもある通り、

「今までありがとう…」




このブログでは色んな事を教わりました。

始めて書いたのが2008年の3月。
首の手術後ですかね。
auの警備員をやってる頃です。


今でも読み返してみると、その頃の自分から教わる事が腐る程あります。

人間関係。
人を楽しませる事の大切さ。
目標に対する情熱。

俺に真っ直ぐ接してくれた仲間達。

そして、
ウエンツとの戦い…


それはもう言い切れません。



156日間、アクセスが落ちなかったのは紛れもなく皆のおかげ。
そして、あの頃必死に皆を楽しませようとしてた過去の自分のおかげ。

いいブログになったなぁ。


こんな素晴らしい場所になるとは思ってもなかったなぁ。


ブログのおかげで知り合いができたり、
ブログのおかげで自分を知ってもらったり、
ブログのおかげで楽しい時間ができました。



しかし、
この場所ももうおさらばです。



何故かって?







第3章がスタートしたからだよバカヤロー!!!

変なエロサイトの宣伝をコメント欄に載せられてたまるかっつーの!!


王道のアメブロ様にお引っ越ししてやるぞバカヤロー!!

アメブロで下ネタ書いて潰されてやろーじゃねーの!


まーね。
ちゃんと理由はあるんです。

第3章をクリアする為には、
アメブロじゃなきゃ駄目なんですよ。

じゃないと第4章には行けないんですよ。





だからお引っ越し☆

http://ameblo.jp/shota-0723



なんかこの気分、

田無から永福に移った時と同じ心境だな〜。

やっぱジュゲムには愛着あるからね。


今までありがとう…ジュゲム。



アメブロで下ネタ書いて閲覧できなかった場合には、
ジュゲム使わせてもらうね。



ジュゲムさん、
二年間ではありましたが、お世話になりました。


また下ネタ書く時にお会いしましょう。



そして、
高柳将太伝説をご覧の皆様、
二年間、見続けて下さって本当に有り難うございました。
これから、
いやもう始まってますが
第3章は、

見たくなければ見なくて結構ですからね。


そんなスタイルでやっていきます。


本当に有り難うございました。




「高柳将太伝説第2章」

管理人


高柳将太

 終
author:高柳将太, category:-, 16:11
comments(4), -, pookmark
夢追い人へ…そして…
始めなければ何も始まらない。
 
やらなければ結果がわからない。
 
出来ないと思ったら何も出来ない。
 
 
 
これらには全て、
 
「自信」が必要。
 
 
世の中には沢山の労務が存在する。
 
それらに追われてでも、
必ず、
 
常に失ってはいけないもの。
 
 
それが、
 
 
「自信。」
 
 
勘違いでもいい。
 
根拠がなくてもいい。
 
自分の居場所が下らない場所でもいい。
 
 
 
己への自信。
 
絶対的な自信がなければ、
 
何も始められない。
 
やれない。
 
結果がでない。
 
何も出来ない。
 
 
最高の自分を想像できない。
 
 
 
虚勢を張ってでも、
 
無茶だと言われようとも、
 
馬鹿扱いされようとも、
 
 
 
 
自分を一番信じてあげよう。
 
自分を認めてあげよう。
 
 
自分を天才だと言ってあげよう。
 
 
 
 
そうするために、
 
自分を信じてあげる為に、
 
 
1日1日何をするかが、
 
 
 
夢追い人の戦い。
 
 
 
 
要は、
 
自分に自信を持つ事。
 
 
それが一番大事。
 
 
そのかわり、
すんげー頑張んなきゃ、
 
自信は持てない。
 
 
 
 
分かったか将太!!
 
 
 
 
 
「うーん!!!」
 
200912072018000.jpg
author:高柳将太, category:-, 01:38
comments(3), -, pookmark
「奇跡の星」に関わった全ての方へ
「奇跡の星」無事終演しました。

ギリギリの宣伝だったにもかかわらず、
観に来て下さった皆様、

本当に有り難うございました。



さて、今回の「奇跡の星」。
当初掲げてた、
自分自身への狙いがビシッとはまってくれました。

まず、初対面の環境に突っ込んで行く事の意味。

いいアドレナリンも出ましたし、

前よりもはっきりと自分自身の位置とゆうのも全てではないですが理解できました。

そのおかげで、自分はこれからどうしたらいいのか?とゆうのも見えてきました。


そして何より、

自分の事を知らない人たちに囲まれた事によっておのずと出なくなる甘え。

普段知ってる人たちに囲まれているせいで甘えてしまう自分を振り返り、

自分の良いところ悪いところが、自分自身で反省できました。


そして、初対面の方たちとの距離感の取り方。

初対面の方たちとお芝居をさせていただく場面での様々な順序。


答えなんてないけれど、
こういった機会を自分自身で作れた事によって、

新たな人たちに出会い、

新たな自分に出会い、


新たな可能性と出会いました。



今回の舞台、一ヶ月、

大収穫です。


偽役者として、
ほんのちょっとだけど、
役者に近づけたんではないでしょうか。



いい仲間に出会い、

いいお客様に観てもらい、

いい役で舞台上に立てました。


皆さんのおかげです。




ギリギリになって新幹線でわざわざ名古屋から駆けつけてくれた方や、

だいぶ昔に働いてたのに、今までの舞台を全て観に来てくれる温かいピザダーノのみんなや、
ダーツバーのみんな、
の彼女さん達、

スケジュールがバラバラで予定が立てづらい中、ギリギリで観に来てくれた事務所のみんな、
元劇団のみんな、

こんなガキ相手に笑って観に来てくれるゴミ屋のみんな、
の奥さん達、


尾関のバカ仲間、後輩、
の彼女、

僕にじゃなく、下ネタばっかのこのブログのファンのみんな、

社会人になって観に来れなくてもわざわざメールをくれるチーム香流のみんな、
警備員の所長、

かーちゃんの職場の方たち、
その娘さん、

あーちゃんの友達、
の更に友達、

親父の友達、
の更に友達、


観に来てくれる為に今週めっちゃ働いてくれたキクンニ、


いつも心配してくれる母みゆき、


一ヶ月の稽古中、俺を邪魔しない為に色んな角度から気を使ってくれて、
俺の自慢話を永遠と笑顔で聞いてくれて、
「腹が減った」と言ったらスッと飯を作ってくれて、

一番近くで俺を信じてくれたあーちゃん。


そして、
観に来れなくても俺を応援してくれる人達、



みんな、本当に有り難う。


俺は絶対みんなを裏切りません。



そして、
今回舞台に携わったみんな、


一ヶ月最高でした。


初日から壁を作らずペチャクチャ喋っていた僕を煙たがらず、
ずっと笑ってくれて有り難う。

色んなダメ出しを有り難う。

首を怪我した時、
何も言ってないのに気付いてくれたみーちゃん、

毎日芝居の話をして、役者としての会話ができたマッキー、

一番馬鹿をやりあった仲、そして、俺と真逆の人生観を教えてくれたしゅんじー、

首を怪我した時、何も言ってないのにタクシー代やら治療代を貸してくれたはるか、

あっマッキーとしゅんじーも貸してくれたね。
有り難う。


出会って初日、
ダッチワイフに似てるから勝手にあだ名をダッチャンにしたのにずっと笑ってくれた40歳のダッチャン、

いつも優しく、俺の会話に合わせてくれたミスター主役、兜ちゃん、

どんだけうっとうしい事を言っても笑ってくれた愛さん、

競輪選手並みに足がアスリートのユカりんぽ、


俺のブログを見て、
「結婚したの!?」とマジ顔で聞いてきた弟役なおやさん、

中坊に絡まれた事を笑って話す三十路のしみてっつぁん、

チンゲを便器に落としまくるたいし、

家なき子のあやかさん、

喋ると止まらないじゅずさん、

「絡まないで下さい。」とマジ顔で言ってきたコジコジ、

ションベンが異様に強いユカりんぽ、

同じキャストでライバルだった石井ちゃん、

俺が「眉毛をルーキーズの安仁屋っぽくしたんだよねー」って言ったら小声で「ちげーし」って言ってきやがった、きかさん、

毎日転ぶ練習で大変だったトモチン、

いつも芝居の指導をして下さったしのぶさん、

初舞台でめっちゃ輝いていた三浦くん、

役作りが半端じゃなかったゆうすけさん、

イジリ所0の太陽、

皆の為にわざわざ買ってきてくれたシュークリームを俺がほぼたいらげたのに笑って許してくれたのぞみさん、

打ち上げで俺が「モテる女は下ネタを跳ね返さない奴だ!」と言って、素直に聞いてくれたレイチェル、

首を怪我した時、一目散に湿布を買ってきてくれたひめかさん、

唯一金髪にした俺を「かっこいいです!」と言ってくれたともこちゃん、

めちゃくちゃ凄くなってた八木橋さん、

ウォシュレットの勢いにションベンが勝ってしまう
ユカりんぽ、



こんな俺に期待してくれた演出家のあゆみさん、


音楽を提供して下さった.cubeのみなさん、

演出補佐の馬渕さん、

制作の津野さん、

制作協力して下さった井上さん千葉さん、

ヘアメイクの大城さん、

宣伝写真を撮って下さった岸本さん、

舞台監督の佐藤さん、

照明の田嶋さん、

チラシデザインの平石さん、

シアターブラッツのスタッフ方、


もう残ってる人いないよね?


あっ、

がに股なのにキャバクラで3位のユカりんぽ、



みんな、本当に有り難うございました。


今日から皆に会えないのが寂しくて仕方ありません。
一人が欠けては舞台は作れません。


稽古期間中、
インフルエンザに何人もかかり、
皆で支え合い、

助け合い、


僕はここで本当の仲間に出会いました。



一生忘れません。




今回A′company「奇跡の星」に関わった全ての皆さん。


本当に有り難うございました!




さて、

これだけ気持ちが熱くなると、
なんとかしなきゃとゆう気持ちになり、すぐ行動したくなりますが、


そんな事ばっかして人生で何回も失敗しているので、

治療の為、一旦名古屋帰ります。


母に言われました。
「自分を違う角度から見なさい。どれだけ無茶してるかわかるから。」と。



首ですからね。


帰ります。



んで帰って作戦建て直して、


また無茶します。



そしてまた母に言われました。
「自分の身の回りを一旦綺麗にしなさい。そうすると凄く生きやすくなるから。」


深いよね。


これを教訓にこれから頑張っていこーと思ってます。




金具取ろうかな…





とにかく、



みんな有り難う!!!!


素敵な時間を有り難う!!

p.jpg
author:高柳将太, category:-, 21:42
comments(5), -, pookmark
全ての人達に…
沢山の愛情を今感じてます。
 
観に来てくれた人、
 
観に来れなかった人、
 
 
色んな方々からの沢山のメッセージやメールを頂き、
 
 
 
高柳将太で良かったな。
 
 
って思ってます。
 
 
 
本当にありがとう。
 
 
 
俺は役者です。
 
まだまだ無名な役者です。
 
舞台が終わったらまた必死に働いて生活費を稼ぎ、
 
また売れるチャンスがある所に首を突っ込んで
下手くそな芝居をやる、
 
無名な役者です。
 
 
 
皆からの愛情を感じる度に思う。
 
 
 
早く売れなきゃ。って。
 
 
 
 
時間もなければ、
金もない、
 
 
 
皆が俺にしてくれる事を、俺は確実に皆にしてない。
 
恩返しとゆう言葉から逃げ、
 
好きな事を好きな様にやって、
 
 
「俺は売れます!」と虚勢を張って、
 
 
 
みんなに何もしてない。
 
 
 
 
そんなクズ野郎です。
 
 
 
 
 
だからこそ、
 
 
芝居だけは、
 
 
舞台だけは、
 
 
命懸けでやりたいんです。
 
 
 
今の俺には舞台しかありません。
 
 
 
それしかないんです。
 
 
 
観に来てくれた人達に、
 
ほんのちょっとでもいい。
 
何か少しでも持って帰ってもらえれば、
 
 
それが俺の恩返しです。
 
 
 
 
 
ほんのちょっと、
何かを人に与える為には、
命懸けでやらなきゃ
 
 
芝居は無理です。
 
 
 
 
実力の無い俺には、
 
 
そうゆう手段しか見当たりません。
 
 
 
 
俺には何もありません。
 
 
皆が俺に何かを与えてくれるから、
 
俺に何かが生まれます。
 
 
 
今なら心の底から嘘なく言えます。
 
 
 
出会ってきた全ての人達に、
 
ありがとう。
 
 
俺の大好きな人、
 
俺の大っ嫌いな人、
 
 
全てにありがとう。
 
 
 
皆が俺の最高の財産です。
 
 
 
 
 
明日は千秋楽。
 
 
命懸けの芝居、
 
やってみせます。
 
 
 
 
そんな、
 
 
 
木下彼方の
最後の散歩の夜。
200911290133001.jpg
author:高柳将太, category:-, 02:10
comments(3), -, pookmark
初日終了。
無事初日迎えました。


本日観に来て下さった皆様、本当に有り難うございました。


ま〜ね、
初日の本番終えたし、明後日には治ってるとは思うのでお話しますが、


今日は一番焦りました。



実は本番前の場当たりで首をやってしまいまして、
歌舞伎町の病院に運ばれました。

気合いで乗りきろうと思ったんですが
どーも全く首が動かなくて、喋るだけでも激痛が走る程の痛みだったので、
痛み止めだけでも打ってもらおうと…



また歌舞伎町の病院がかなりのヤブ医者でね。

急患だし、診察終了時間5分前とゆう事もあり、
かなり邪険に扱われました。

金髪だしね。



んで観てもらった結果、

首の骨は本来七本あるのが、
僕は二ヵ所固定してる為6本しかなくて、
1ヶ月の稽古からかなりやられている。との事。


んで芝居内容を言ったら、
めっちゃバカにされました。

「そんな状態で床に頭を何回も打ち付けるなんてどーかしてる。」と。


芝居をナメんなよ。

彼方は平山病じゃねーんだよ。

そんくらいでやんなきゃ立つ意味ねーんだよ。




と言ってやりたかったが、バカ医者にそんな事言ったって、
焼け石に水。

かき氷にお湯。


ヤワラちゃんに谷。


くらい意味ないですからね。


グッと怒りを押し殺し、
芝居でどー対処していくかのみを考えるようにしました。

「半月は安静にしてください」と言われたが、
そんなもん知ったこっちゃねー。


本番は待ってくれない。


そしてすぐ病院から戻り、笑顔で皆に「大丈夫です!」と言い、
ゲネ(本番前の本番)。


ま〜酷かったですよ。

首を使う芝居ができない為に体で動きを作るけど、
気持ちがおっつかない為に全部嘘になってしまう。

全部がやってて気持ち悪い。
痛みを感じる度に現実に戻る。
素に戻る。


集中力が保てませんでした。



そしていざ本番。

痛み止めを大量に摂取し、
異常な程に集中力を高めて、
役を感じ、


満員の劇場に立ちました。




やっぱ芝居は集中力です。


今こうしてブログを作ってても不思議なくらい、


芝居をしている時は全く痛みを感じませんでした。
痛みはあったんだろうけど、
そんなもんは二の次三の次、十の次くらい、
感じませんでした。



今も歩くのがやっとなのに、

出来ちゃうもんなんですね。

ま〜出来てるかどーかはお客さんが決める事だからわかんないですが、

自分自身に嘘を全くつかずに芝居ができました。



また一つ勉強になりました。


集中力。

それのみです。


本当に。



それさえあればめちゃくちゃ楽しめます。

今日の本番はめちゃくちゃ楽しかった。



それくらい過酷な、
楽しい本番でした。


いい経験ができた1日でした。


明日から更に作品を深め、
役を深め、

あらゆるもの、全てのものに愛情を深めて、



皆でやっていきます。



「才能は愛情の深さ」
by村山歩



明日は逆チームWINDの本番。


その間にしっかり治します。

まっ、もう治ってるけどね。


WIND頑張れ!!



ps、彼方もやっぱり平山病でした。
author:高柳将太, category:-, 02:46
comments(3), -, pookmark
会場までの道のり
明日から本番です。


観に来て下さる方へ。

新宿シアターブラッツまでの簡単な道のりを案内させて頂きます。


最寄り駅は、新宿御苑前駅。

地下から昇るとウェンディーズがあります。
それが最初の目印。

そしてウェンディーズのある交差点を南に向かいます。

するとどうでしょう。

靖国通りにブチ当たるではありませんか。(めちゃくちゃでかい道路だからわかります。)


その通りを右に曲がると、右手に100円ローソンがあります。

その100円ローソンがゴール。
実はその地下に、

新宿シアターブラッツがあります。

小さな劇場なので非常に分かりずらいですが、お間違いないように。

徒歩3分くらいです。


お気をつけてお越し下さい。

1ヶ月の成果を厳しい目で観てやって下さい。

俺もガチでいきます。


ブチ壊します。




新宿シアターブラッツ

03-3353-1868

160-0022
東京都新宿区新宿1-34-16清水ビルB1


宜しくお願いします。



高柳将太
author:高柳将太, category:-, 01:52
comments(0), -, pookmark
「奇跡の星」稽古終了。
さ〜明日、小屋入りです!
 
早いもんで顔合わせから1ヶ月たちました。
 
最初は名前も知らなければ性格も知らない役者達。
 
そんな人達が一つの作品をお客様の前で演じるわけですから…
 
 
不思議ですよ。
 
本当に不思議ですよ。
 
 
この不思議さが、
 
役者のいい所、辞められない所、
 
続けちゃう所。
 
 
 
表面の性格だけじゃない。
表面のルックスだけじゃない。
 
 
芝居をお互いに楽しみ、
 
相手役を感じ、
 
時には押し、時には引き、
 
失敗して失敗して、
 
仲間ができる。
 
 
1ヶ月以上の大切なもんが手に入る。
 
 
これはバイトや学校、会社では手に入りません。
 
 
それくらい「芝居」って凄いんです。
 
 
 
みんな、
 
1ヶ月の厳しい稽古お疲れ様でした。
 
 
最高の仲間で最高のもんお届けしましょう。
p.jpg
author:高柳将太, category:-, 01:11
comments(0), -, pookmark
木下彼方22歳。
200911240116000.jpg
今回、
木下彼方(きのしたかなた)を演じさせて頂きます高柳将太です。
 
どんな役か…
 
 
それは観てくれた人が思い思いに感じてくれたものが真実。
 
俺が感じてる彼方と、
観てくれた人が感じる彼方は絶対に違う筈。
 
 
だから僕は何も言えません。
 
舞台は自由です。
 
演者も、
お客様も、
スタッフさんも、
 
 
全てが自由です。
 
 
好きな様に観てやって下さい。
 
そして、
稽古も残り1日。
 
劇場に入り、
皆に観てもらい、
 
 
また、どんな彼方に出会えるのかを自分自身かなり楽しみにしてます。
 
 
ちなみに、
彼方という役。
 
 
あえて言うのであれば、
 
僕自身演じさせて頂いて、稽古中何回も貧血でぶっ倒れた、
 
やっかいな奴です。
 
 
後ちょっとしかないですが、
 
もっともっとやっかいな奴にしていきます。
 
 
舞台上で死ぬくらいの覚悟で、
 
やってやります。
 
 
 
何故かって?
 
 
 
 
彼方は平山病じゃないからさ。
 
 
 
 
お楽しみに…
author:高柳将太, category:-, 02:21
comments(1), -, pookmark
グラドルを従える貧乏人
200911062311000.jpg
今日稽古帰りにピザ屋のノッシーに会いました。
 
昔ブログに出てきた893のルックスで音楽やってる奴です。
 
ノッシーはデリバリーの最中で、俺は会えた事にあまりに嬉しくてノッシーの大好きなミルクティを買ってマンションの下で待ってました。
 
デリバリーを終えノッシーが降りてきたので、
「ま〜飲めや!」
と格好つけて言うとノッシーは、
 
 
「いいの?貧乏人?」
 
と言ってきました。
 
 
俺やっぱり貧乏人のイメージ抜けてないんですかね…
ブログでも最近は貧乏ネタは一切使ってません。
 
前は、貧乏でも笑って生きていきたいと思い
あえてネタにしてましたが、
やっぱどっかで同情誘ってる感がありました。
みんなからカップラーメンを送ってもらったり、
ブログ見てくれてる人とかは飲み会でも奢ってくれました。
 
なんか違うと思ったんですよね。
 
お金持ってる人が奢るっておかしくないですか?
 
お金持ってる人は少なからずお金持ってない人より働いてるわけで、
 
俺より頑張ってる人に奢ってもらう事が俺は悔しくて仕方なかったんです。
 
 
だから貧乏ネタやめよう。ってなったんです。
 
 
んで貧乏ネタ辞めて早半年。
 
 
昔の仲間には第一声が
 
「おす!貧乏人!」
 
 
イメージってなかなか抜けないもんですね。
ま〜ね。
ピザ屋時代はひどかったですから。
 
年下が高い弁当(って言っても800円くらい)を食べてる横で僕は家で作った
味噌を入れたおにぎりを食べて同情されてましたからね。
 
そんな時代の仲間には僕は一生貧乏人なんでしょうね。
 
 
 
まっそんな事は置いといて、冒頭の写真。
 
隣の二人は舞台の出演者の左、月元樹々さん。
 
右、永瀬はるかさん。です。
 
ちなみにこの二人、
現役グラビアアイドルです。
それを両脇に従えて写真を撮る俺。
 
羨ましいだろー。
 
 
と、思うでしょ?
 
全然です。
このお二人にはファンがいっぱい付いているのでちゃんと訂正します。
 
冒頭の写真。
めっちゃくっついてる様に見えますが、
遠近法でくっついてる様に見えるだけで、
 
実際は俺はかなり後ろにいます。
 
 
二人めっちゃ顔ちっちゃいから。
 
そして俺顔めっちゃ長いから。
 
それが証拠です。
 
 
 
さて、この二人を何故紹介したかと言うと、
 
 
 
可愛いからです。
 
 
観に来て頂く方は是非ともご期待下さい。
 
 
って書くとスゲー嫌らしくなりますが、
 
本当だからしょうがないでしょ。
 
やっぱね、この二人がいるだけで稽古場にも華ができるんですよ。
 
そして舞台上にも華ができるんですよ。
 
 
 
だから、男性諸君。
 
期待してて下さい。って事です。
 
 
 
正直ね、
僕グラビアやってる子ってなんか気取ってるイメージがあったんですよ。
モデルのお仕事行った時もやっぱ女性のモデルさんってかなり叶姉妹なんですよ。
 
だから厳しい舞台稽古なんか絶対無理だろ。って思ったんですが、
 
このお二人は全然違いました。
 
一生懸命芝居に取り組み、素直で真面目で
面白い。
 
 
樹々さんはおしとやかに見えてお喋りめっちゃ大好きだし、
 
はるかは可愛い顔して居酒屋でさんま定食頼むし。
 
 
面白いですよー。
 
 
だから今回舞台観に来てくれる方々にも是非注目してもらいたいと思ってこのブログで紹介させて頂きました。
 
 
 
 
本番まであと3日。
 
 
24時間体制で追い込みかけます。
 
 
 
お楽しみに…
 
author:高柳将太, category:-, 23:40
comments(1), -, pookmark
美容院で…
今回の舞台は
悪い役だから金髪でクルクルパーマにしました。
 
結果、
 
ヤンキーのサザエさんみたいになっちゃった。
 
200911191205000.jpg
author:高柳将太, category:-, 12:11
comments(1), -, pookmark